コロナ禍でミュージカルに沼った大学生

10月にYouTubeでオペラ座25周年見てから一気に転がり落ちた

初体験から2日でおいチケしてしまった・・・4/14『スリル・ミー』感想

私のスリルミー週間

4/9に戻しチケを入手(それまではまだ行くか迷ってた)

4/11初スリルミー(にろまり回)

yadokarinko.hatenablog.jp

4/12は悶え苦しみ

4/13になんの思し召しか当日引き換え券を入手

4/14の今日、2回目のスリルミーでした。成河私×福士彼回です。

f:id:yadokarinko:20210414202826j:image

この間、1週間もないわけで驚きを隠しきれません笑

こんなに愛について根詰めて考え続けるのははじめてかもしれない〜

 

ちょっとまだ処理しきれてないのであの当たり障りのないところから書きますね!

おいチケまでのあれこれ「当日引き換え券」

昨日13日の18時からこの当日引き換え券の販売がありました。12日は前日の初観劇の衝撃で家で唸りながらのたうち回っていましたが、おいチケするかはものすんごく迷っていました。大学生のお財布事情は厳しいのです!

でもまあ取れたら行こ!と運試し的に挑戦してみたら奇跡的に本日のチケットを入手してしまい、なるほどこれは行けと言うことだと腹を括った次第です。

開演25分前くらいには劇場に着いていたのですが、引き換えは10分前からとのことでそわそわしながら待ちました。苦行。

そして手にしたチケットはなんと!11日の1つ右の席笑 びっくりしちゃいました。F列なので視界がスーパー良好シートなのですがまた緊張しすぎちゃう席でしたww

 

本編雑感

スリルミーほど話の展開を永遠に知らないままでいたい、毎回初めて話を知りたいって思う作品初めてなんだけど!!!でも話を知っている分、表現の方に集中できるっていうのもあって今回はかなり頭を使いながらみてきた感じがします。(全然考えまとまってないけど頑張って書きます!)

 あと初体験って親として強烈に残るから、やっぱりスリルミーみてる間だけ過去の体験を全部忘れる技術ほしい。

 

場面ごとの感想

成河さんねはじめましてだったんです!お噂はかねがね伺っていたので、初っ端の背中からして哀愁がものすごくても年老いた演技が異常に上手くてもなるほど噂通りだ!!って感じだったんですけど、19歳に戻った時の衝撃ね!いや違う人おるやん。なんかね誰?とかじゃないの。明確に違う人おるんよ。1秒で声帯交換してきたみたいに声も変わるしもう感動してた。あと鳥のメモめっちゃ熱心にたくさん書き込んでるのかわいい。すごい書くじゃん。

 

そして福士さんは出てきた瞬間デカい!怖い!かっこいい!って感じだった。頭悪い感想で申し訳ない。表情筋の動きが少なくて周りの温度を1、2度下げそうな雰囲気なの。ほんとうにここのところ何も感じてなさそう。周りにはいない、ああこの人だから「私」があんなことになるのかという説得力がある。もうなにも書き表せなくて悔しいよなんなんだよ。

ああああとめっちゃいい声だった!!!伸ばした時の声質好きなんだけどさ、ビブラートかけずに短めに切るところとかに少年感というか若さを感じてめっちゃいいなと思ってました。

2人の声が重なった時の相性が素晴らしくいいんじゃーーーー!!!!

 

やさしい炎はにろまりと全然違った印象でとても驚いた。なんかにろまりは退廃的なオーラを放っていて、こう、湿り気ぽい感じがしたんですけど、そんふくは2人とも目が爛々と輝いていて曲調も明るく聴こえて希望に満ちた感じがしたんですなんでですかね。理由はちょっとわかんないんですけどもー!

 

契約書の「眼鏡がないと」の不自然さは観客に眼鏡を存在を強調するためですよね、まだ考えてませんよね?!もう何も信じられん。

血のサインのところ、指勢いよく引っ張られて彼の背中にほっぺぶつかって顔がむにゅってなってんのかわいかった笑 彼にすっと流れるようにハンカチ貸してあげてそのまま仕舞う動きも好き。あと自分の指を切る福士さんの所作が綺麗すぎてん

 

これが噂のスリルミーオクターブ上げ!!笑

 

戻れない道が話を知っているのと知らないのではまるっきり違う歌になるのやばいですね。時系列的に計画のあとだから、初回はきづいたら殺人にまで手を染めそうになっているそんなところまで来てしまったっていう歌だと思っていたのに、今回はラストを知っているから「私」の決意というかもうこの時点で「私」の計画が進んでいるていう歌になるんだうわーー!

 

スポーツカーがねめっっっっちゃよかった。福士彼表情筋の動き少ないって書いたけどここと強盗の後数秒はすごい動いてるのー!!!表情も声質も優しいお兄さんじゃん騙されるよこんなの。それで下手から上手にむかって歩いていく最中に誰にも見られてないかしっかりチェックするんだけどそのときの真顔がまじで綺麗だし怖い。その後また人のいい笑顔に戻ってるし。

 

電話のところは慌てる「私」の行動も震える顎も全部全部演技なんだって思ったら怖すぎて。あれ実は全然心音上がってなかったりするのかなと思ってただ恐怖していた。ここのシーンか定かではないのだけど彼が私の胸倉をつかんで、彼が手を離したときに私が床にばたんと落ちるのとこ好き!私が高い方の舞台から一段落ちるところ成河さん膝から落ちてたけどあれめっちゃ痛そう。あ!待って思い出したのだけど、どこのシーンだろう上の段の上手に私が追いやられてかかとが宙に浮いてるアンバランスな状態になるところがあるんだけどあれ好き!まじでどこのシーンだろう思い出せない。つらい。

 

53歳に戻る私、大切な美しい思い出で心が満たされているような顔をしてらしてちょっと微笑んでる感じ?、なのに眼鏡があんなに早く見つかるとは思いませんでしたってところは信じられないくらい不気味な笑顔で背筋が凍った!!ほんとに!もう!!

 

取調室のシーン、初見時はどうしてキスを止めるんだろう。って思ったんです純粋に。だってこのために罪を犯すほどだったのにって。だけどあれだったんだね。もうそんなもの必要ないというか、だってこの時点でもう私は勝利を確信していて彼を一生自分のものにする算段が完璧に整ったんだよね、そりゃ悟りの境地みたいになるわ。めちゃめちゃ納得したよ。そして全部俺のせいだろなんて言う彼はもう完璧超人じゃなくなってるね。そして前半の彼に人間味がないと我は感じていたからこそ死にたくないの衝撃も強かった。取調室からどんどんはがれていって最後に残る彼の本質ってこんな感じなのかというところ。護送車のところではもういつもの「彼」を身にまとってますね。

 

99年は話わかっていてもやっぱり鳥肌だわ。私が椅子にお尻をつけたまま彼の方にぐいぐい寄っていくのが不気味すぎる怖い。彼後ろにさがった!

 

内容感想

福士彼ってなんとなく親に愛されていないせいで歪んでしまったというよりは根っからのソシオパスっぽい印象。電話口での態度も彼は本当に捕まらないと信じている余裕がある気がする。全くのフラットな状態から突然キレるのもぽいなって感じた。

成河私は彼に心酔はしていないなんかこう全体的に自分が正しくあろうとしている感じが強い気がしました!身代金のところで、「お前は自慢の息子だからな」の後、見捨てないよ的なことを私が言うじゃないですか。あそこがやけに気になって。彼を唯一心から想う存在として、彼のために、的なものも感じるなーとかふわふわ思った。

 

そしてこのペアは「契約」の印象が強かった。彼→私への接触がどことなく事務感というか、契約書の存在感がとても大きくて、あのペアごとのコピーが「資本主義の病」ってなってるのどういう意味なんだってずっと考えてたけどこの資本主義と契約って切っても切れないし、

全体として私と彼の2人の関係性をメインとして描きたいんだ!というよりは社会に訴えかけているというか。その分、彼らを死刑から守る弁護士がいるとかも強調されて聞こえてくる。正義ではなくお金のために働く弁護士がお金持ちの命を守っているんだよね。

 

カテコ!!

成河さんはもう1回目からやり切った感出てて役はすっと抜けるタイプなのかな〜と思いつつ2回目くらいまで2人とも真顔だったかな

最後成河さんがお辞儀からの床にペタって手つくやつやってて、え!かわいい!やわらか!って思ってたら会場から「お〜」って声上がっててわろた。福士さんも真似してやって足痛そうにしてたかわいい。しかも福士さん帰りにさセットの柱をピースで抑えながら帰るのなんなんですかあれなんなんですかまじでくそかわいくて彼からの落差がやばくてあの心臓がやられるのでちょっと控えていただきたくまじでめちゃくちゃかわいかった。

 

ちょっとした比較感想

私はじめてのスリルミにろまり感想記事で彼が「私」をどう思ってたのかわからないっていうようなことを書いたんだけど、そんふくを見た今は新納彼は田代私のことめっちゃ好きだし甘々だったなって思いますwww

そしてわしのスリルミ体験としては感情ジェットコースターになるにろまり→頭抱えながら分析したくなるそんふくって感じでちょーどうまい具合にずふずぶいけました!

もうレミゼキャスト先行でお財布がお亡くなりになられたのでおいチケはできないんだけども、今から再演が楽しみなんだ!誰にやってもらいたいかなー!脳内キャスティングが捗ってしまうし過去のやつもみたいんですがーーーーーー

 

同じ事件を題材にした『強迫/ロープ殺人事件』って映画があるみたいなんだけど見る術がない。泣いた。これ↓

Compulsion [DVD] [Import]

Compulsion [DVD] [Import]

  • アーティスト:Compulsion
  • 発売日: 2010/09/20
  • メディア: DVD
 

iTunesに英語音源もあるのね!!今初めて見つけたわ!

Life Plus 99 Years (Finale)

Life Plus 99 Years (Finale)

英語音源の99年聴いて思ったのはジョナサン・グロフの「私」は絶対に似合うし私の心も心臓もやられる。