コロナ禍でミュージカルに沼った大学生

10月にYouTubeでオペラ座25周年見てから一気に転がり落ちた

西永訳レミゼ 1-1-2転落 覚え書

 

yadokarinko.hatenablog.jp

前回に引き続きこちら読み進めてます。

第二篇 転落

 

第二章

「自然は彼女を羊としてつくったのに、宗教は天使とした」

 

第六章

「都会は人間を堕落させるから人間を残忍にする」

「わたしたちの文明には恐るべき時がある。それは刑罰がひとりの人間の破滅を宣言する時だ」

バルジャンのしたことは七人の子供たちのため 1-1社会の罪

 

第七章

「彼はじぶんでじぶんの裁判官になってみた」

「彼はまずじぶん自身を裁くことからはじめた」

「過失を犯した罪人の悪事以上に、法律に刑罰の濫用があるのではなかろうか?」

「弱者にたいする加害の一種、個人にたいする社会の犯罪、毎日くりかえされる犯罪、十九年もつづいた犯罪なのではなかろうか?」

「彼は社会を裁き、社会を有罪だとした」

「彼は社会を憎悪に値すると断じた」

「彼は神意をも有罪とした」

「法律によるこの病人」

「心が渇けば目も渇く。徒刑場を出るときまで、彼は十九年間、ただ一滴の涙も流さなかった」

ユゴーって死刑囚の話書いてたよね。なんか倫理学の授業で出てきたような。読んでみたい。

これかな

死刑囚最後の日 (光文社古典新訳文庫)

死刑囚最後の日 (光文社古典新訳文庫)

 

 

 第二篇はバルジャンを描きながらユゴー先生の社会観をがっつり描き出していてとても面白い~。弱者の罪はその人が罪を犯さざるをえないような状況をつくっている社会の、それを牛耳る権力者たちの罪なのではないかという考えですね。

司教パートでも思ったのだけど、ここまでキリスト教色がかなり強いのに日本人に人気があるのって珍しい気がする。ただ説教臭かったり妄信的なわけじゃないし、むしろユゴー先生はビヤンヴニュ閣下とは程遠い聖職者たちを良く思っていなかったり、それこそ社会構造の悪に目を向けたりしてくれるからってのもあるとは思うけど。

思っていたよりもかなり思想!!って感じなので読んでて楽しいです~

宣言明け1発目の『キャッツ』みてきた🐱 3/12 S 感想

劇場の再開が座席の50%or5000人でってことになった日にチケット売り止めになるまえにと速攻で買っといたの。

ほんと、買っといてよかった😭 

人生初の生キャッツめちゃめちゃ楽しかったわ😭

f:id:yadokarinko:20210512211107j:image

キャッツシアターに入るのももちろん初で入った瞬間から幸せがすごい。専用劇場じゃなきゃ味わえない、細かく飾りつけられた劇場で開演前からテンション爆上がり!

座席は下手のB席取ってめっちゃ見やすかったんだけど、演出的に上手にすればよかったなーってのはある笑 

f:id:yadokarinko:20210512212754j:image

もう暗闇に目が光るところからうるうるしてしまったやっぱ生の舞台っていいですよね😭

猫たちがぞくぞくと色んなところに出現し始めるともう目が足りなくて!笑 公演中ずっと足りなかった。

20列が最後列で2階もないし舞台が近くて猫たちが集まってると迫力がすごい!回転シート座ってみたかったな〜、売り切れてたんじゃなくて売り止めてたということがわかって辛くなってよー!!コロナの弊害がここにも。

 

猫の皆さんの身体のしなやかさに感動しっぱなしだった。女性陣のハイキックが余裕の180度超えなのはもちろんすごいけど男性陣もがっつり脚上がるし両脚の開脚ジャンプとかも高いし開いてるしもういちいち心の中で拍手喝采だった👏👏 しかも歌いながらあんな脚あげられんよ。やっぱりミュージカル俳優さんてなにか普通の人間ならざるものだと思う!!同じ人間とは思えん!

 

これは幕間に友達に言われて知ったんですけど、本日のマンカストラップの加藤さんは私が今年1月にオペラ座みたときのラウルでした😳 びっくり!キャッツって踊れる人を最初からキャッツ要員として集めてるのかなとか勝手に思ってたからそんな演目ごとの行き来もあるのか!と驚き!友達の友達とば先の知り合いの友達に四季オタがいるのだけど色々聞いてみたいよ!

 

ガンビーキャットの曲は2019年の映画だとゴキブリの描写が気持ち悪すぎると話題になったけど舞台版めっちゃええのよ。猫が猫の頭の毛をはみ出させながらゴキブリのコスチュームを着てるのがとても可愛い☺️ ネズミの頭もかわいかった!!

ラム・タム・タガーはずるいよね存在が。めっちゃかっこいいもん。しかもソロ曲以外でも他の猫たちと踊ってる時すごい目立つしついつい見ちゃうよ!

そして私の推し猫はマンゴジェリーとランペルティーですね💕 曲が好きなのもあるけど動きもかわいいしアクロバットもかっこいいし、とにかく好き!今日はランペル長谷川さんだったのだけどめっちゃ可愛かった!!!ずっと目で追っちゃったわー!しかもね最後のカテコでフライングして1人で出てきちゃって慌ててるのがほんっと可愛くて全力で手を振らせていただいたわ〜😍

 

ガスの曲あたりから客席の拍手が訓練されてるのを実感しました笑 てかここも猫たちが上からコスチューム着てるの可愛すぎて〜!シャム猫たちもいいですねー!

スキンブルシャンクスの電車!!!こういう舞台上で何かが完成されるタイプの演出に弱いんじゃー!!!そして下手で電車の先頭真っ正面に座ってしまったためスキンブルのお姿が途中見えなかったんだけども、にこにこ車輪を回す猫たちをガン見しておきました。可愛かったです🐱💕

そして、ミストフェリーズもやっぱり好き!!押田さんジャンプが高い!!アントルラッセが美しいんじゃー!!マネージュも素晴らしくてもう大興奮でした!!演出も楽しかった〜☺️ オールドデュトロノミーがいなくなった悲しみで消えた電気を再び灯してくれるミストフェリーズさん💕

織笠さんモリーも迫力に圧倒されました。名曲ってやっぱり人気になるだけの理由がありますよねー!

 

フィナーレも1匹ずつ順番に出てくるところからラインダンスまで楽しすぎて終わるのが寂しくて大変だった。カテコもねみんな拍手に気合い入ってて、それに応えてたくさんご挨拶に来てくれて嬉しかったー!さっきも書いたけど長谷川ランペかわいすぎて!!!

 

帰りはずっと四季のCD聴いてた!BW版だとマンゴジェリーとランペルティーザはマンゴしか歌わないのだけど、四季は2人で歌っててそっちの方が好き!!

 

ちなみにキャッツはこの2つみたことがある🐱

キャッツ (字幕版)

キャッツ (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

映画版みたとき、そんなに酷評されるほどではなくない?って思ったけど今見たらまた違うのかな🤔

キャッツ (字幕版)

キャッツ (字幕版)

  • 発売日: 2020/06/24
  • メディア: Prime Video
 

 





 

 

ついにエリザをみてしまった。2016年東宝版井上トート閣下ver.感想

なんで「みてしまった」なのかというと、もちろんこのミュ沼に来て半年、遂にこの大人気作をみてしまったというのもあるけれど、お世話になっているヅカオタの友達に「初めてのエリザは大事だから!私に選ばせて!」って言われてたので大人しく待ってたんですよ。だけどこんなご時世なのでなかなかその友達に会う機会もなく、スリルミで成河の別の役みたい欲が高まり、YouTubeでマーク・ザイベルトさんという推しトートができてしまい、ミュ友からは「語りたいから見て」とせがまれ、翌日には芳雄フェスが控えている。という絶好のタイミングが生まれてしまったため、ごめんねヅカオタの君、私は勝手に初エリザベートしてしまった。

 

まず、成河ルキーニからいこっかな!初っ端から裁判にかけられていて「あれ?またそういう感じ?」ってなった笑 スリルミの感想で「エリザかと思った笑」って書いてる人いたけどそういうことだったのね。私は逆バージョンを体験しました笑 それはそうと狂言回し的役まわりめちゃくちゃ合いますね成河さん!胡散臭さと身軽さがクセになってずっとルキーニが出てくるのが楽しみになってしまっていました。べろだしてるところ可愛い!そう!なんか可愛かったの!ルキーニって勝手なイメージもっと狂気なのかと思っていたから。

 

お花様シシィはFNSかな?でチラ見したことあったんですけどいいですね☺️ 幼少期から晩年まで1人で演じるってかなりハードだと思うんですけどどんどん声質を変えていくのが素晴らしいです!子どもシシィのお花様かわいすぎてリアルにこんな顔で見ちゃった☺️ 最初はシシィが理不尽に自由を奪われるのがみていてとても辛かったのだけれどやられっぱなしでは終わらない、しっかり戦ってくれるところにはびっくりしたし心強かったです。私が踊る時の勝ち誇った顔が最高!

 

井上トート閣下はプロデューサーズぶりだったのでどんな感じなのか全くイメージできていなかった、というか圧倒的に人間というイメージがあって人外をやっている想像ができなかったんだけどみてみたら予想を遥かに超えて閣下だった。シシィに顔を寄せて歌うところとかシシィの頭食べちゃうかと思った(ちょっとよくわからないうまく表現できない)。歌声も普段の芳雄さんとなんか違って新鮮でした、相変わらずうまいけど。メイクもかなり好き。あれは自分でやっているのでしょうか?そう!気になってたんだよね〜玲奈ちゃんとかソニンとかメイク動画あげてるから自分でやってるんだろうなと思うけど、男性の皆さんも自分でやってるのかなって。バレエだと男性ダンサーも自分でやるから自分でやるんだろうな。うまいな〜。井上トート閣下のメイクめっちゃ素敵だったよ!

 

万里生フランツもよったですね〜。生でみたいなー!続投してくれるかな。これまた徐々に年をとる声質の変化が楽しい。しかも若いシーンもあの万里生特有のちょい高めの音の万里生ゾーンみたいな歌声に少しカバーをかけていて感動。歌声での演じ分けは聴いていて本当に楽しいです〜!フランツも板挟みでかわいそうな人間ではあるけれど、まさか田代万里生が演じるキャラクターが浮気をするなんて思わないから必要以上に驚いてしまったわ笑 だって田代万里生ですよ?

たつきさんはつい先月M!でみてきたばかりなのですが、うまい!強い!もう安心感がものすごいですね。これからもたくさん生でみたい。そして古川くんルドルフ。ひっそり楽しみにしてみてたんですけど全然出てこないじゃん笑 子どもルドルフの池田くん、うますぎてびびった。

 

こんな感じでいかんせん知っているキャストさんが多かったものでキャスト感想になってしまったのだけれど、作品としての感想も書き残さねば。

セットや衣装含め、その時代に合わせたものにしているけれど全体に色のトーンが落ち着いて統一感のある舞台だったのでそこが好きです。(普段は歴史物はモダンなデザインが取り入れられたものが好きだけどこのエリザのは好き)音楽はもちろん素晴らしくて、ゾフィーの曲がMAのローズぽかったりM!のコロレドぽかったりリーヴァイ先生だな〜ってニヤニヤした。ついつい口ずさんでしまう歌ばかり。あ、けど思ったより音数が少ないというかスカスカしてたのが意外だった。おしゃれ。

来年あたり再演してくれないかな〜。でももう成河ルキーニ帰ってこないよね〜悲しい。

 

 

Elisabeth - Gesamtaufnahme Live - Jubiläumsfassung

Elisabeth - Gesamtaufnahme Live - Jubiläumsfassung

  • 発売日: 2012/11/09
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

 

裏切らない芳雄4時間フェスのセトリ!

www.harmonyjapan.com

とんでもないパワーに溢れた配信でしたね😳😳😳 爆笑したりしみじみしたりしながら最高に楽しませてもらいました!

 

アーカイブなしでみるのに必死だったので抜けとか間違いあるかもですがセトリ書き残したのであげておきます。

これみて思い出しながら感想書きます笑

 

  1. 奇跡の子『モーツァルト!』
  2. 私という人間『ルドルフ〜ザ・ラスト・キス』
  3. チャリティー『ダディ・ロング・レッグズ』
  4. この星空『二都物語
  5. 最後のダンス『エリザベート
  6. 逃げ足なら負けない『アラジン』
  7. 世界の王『ロミオとジュリエット
  8. シェリー『ジャージー・ボーイズ
  9. カフェソング『レ・ミゼラブル』(1フレーズ)
  10. 夜明けの約束『グレートギャツビー』
  11. 塵と灰『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』
  12. ドリーム『シャボン玉とんだ 宇宙までとんだ』
  13. 裏切らない芳雄メドレー(Overture、種を蒔こう『キャンディード』、いっしょにトシを取ろうよ『ウェディング・シンガー』、Be, not be『ハムレット』、今がその時『三銃士』、二人を信じて『ルドルフ〜ザ・ラスト・キス』、ひとりはみんなのために『三銃士』、幸せの秘密『ダディ・ロング・レッグズ』、今は子どものままで『二都物語』、ギイの軍服姿『シェルブールの雨傘』、scene9『パッション』、赤いコート、残酷な人生『モーツァルト!』エリザベート、泣かないで『エリザベート』休憩、StarS「gleam」、グリーンライト『グレートギャツビー』、エリザベート、泣かないで『エリザベートアウトロー・ブルース『グレートギャツビー』、エーヤン『エリザベート』、アウトロー・ブルース『グレートギャツビー』、兵士の重荷、牢番の娘の嘆き『ナイツテイル』、Be, not be『ハムレット』、後ろめたい男『ナイツテイル』、エリザベート泣かないで『エリザベート』、1812年の大彗星『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』、守ってプレンド『シャボン玉とんだ 宇宙までとんだ』、裏切り者『プロデューサーズ』)
  14. 井上芳雄 By MYSELF」オープニング
  15. 井上芳雄「とおくから」
  16. 坂本真綾「星と星のあいだ」
  17. 僕こそ音楽『モーツァルト!』(中川×井上)
  18. 私たちは泣かない『マリー・アントワネット』(田代:マリー 井上:フェルセン)
  19. ハクナ・マタタ『ライオンキング』(田代:ティモン 井上:プンヴァ ヤングシンバ:中川 シンバ:坂元)
  20. What You Own 『RENT』(井上: マーク 坂元: ロジャー)
  21. What You Own 『RENT』(井上: マーク 加藤: ロジャー)
  22. B'z 「Alone」(加藤×井上)
  23. 夜のボート『エリザベート』(はいだ: シシィ 井上: フランツ)
  24. 輝く未来『塔の上のラプンツェル』(はいだ: ラプンツェル 井上: ユージーン)
  25. あなたを忘れないウィキッド』(海宝: エルファバ 井上: グリンダ)
  26. レ・ミゼラブル』メドレー(島田: エポニーヌ 海宝: マリウス 井上: アンジョルラス、テナルディエ、バルジャン) エポニーヌの使い走り、赤と黒、プリュメ街の襲撃、オン・マイ・オウン、カフェソング、バルジャンの告白、エピローグ)
  27. Anything You Can Do 『アニーよ銃をとれ』(島田: アニー 井上: フランク)
  28. おかあさんといっしょ「ぼよよよん行進曲」(全員)
  29. Tonight Belongs to You "The Prom"
  30. 玉置浩二「花束」
  31. 愛した日々に悔いはない『コーラスライン
  32. 明日への階段『ルドルフ〜ザ・ラスト・キス〜』(全員)

 

 

大司教フィーバー!M!デビュー果たしたからウィーン版もみてみた

先日M!デビューを果たしまして☺️

yadokarinko.hatenablog.jp

古川くんと晴香ちゃんの歌声が素敵すぎてもう心が満ち溢れました〜!こんなご時世じゃなかったらおいチケしたかったよ。あと2枚くらい。いくさぶヴォルフもみたかったし。

 

そんな悔しさもあり、もとの言語のバージョンをみたい気持ちもあり、ウィーン版みました。

ドイツ語は1mmも出来ないので英語字幕で。全く知らない言語を耳で聴きながら、完璧に理解しているわけではない言語の字幕で情報を得るってかなりきついですねー!

けれど、今回はウィーン版CDを聴き込んでいるからギリギリ着いていけます笑

MOZART!-DAS MUSICAL

MOZART!-DAS MUSICAL

  • アーティスト:OST
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: CD
 

 結構日本版と違うところも多かったんですけど、いかんせん日本版を1回しかみていないものだから記憶が曖昧で笑 「自由だ―!」って1幕序盤の方だった気がしたんだけど、ウィーンだとコロレドが女を侍らせている1幕後半のシーンだったのでこんなところだったけ、と思ったり。そのさわやかな「自由だ―!」の後に突然影を逃れてのイントロに入るのも、こんな情緒めちゃくちゃだったかなと。有識者の方ぜひこっそり教えてください~。

ほかにも、赤いコートがなかったりナンネールの掘り下げがなかったり、ママやサリエリが出てきたり。謎のブランコがあったり。新鮮なところがたくさんありました。印象としては、日本版はより心情に重きを置くために台詞を多めに入れているのかなと。ウィーン版は歌メインで登場人物たちの心情の導線があまりよくない。それを歌声で弾き飛ばしている感じがした。どっちも好き笑

 

演出とかセットの面では、高さも奥行きも大きな舞台で、広い空間に対してこざっぱりしたセットを使っているのがこの物語にとても合っているなと思いました。帝劇のセットもかわいいくて好きなのだけれど、作品が出来事よりも内面を描きだしているのでセットはさっぱりしている方が私は好みです。場面転換も後方の大きなスクリーンの画像が変わるだけでさくっと変わり、その画像がリアルなのと舞台の床への反射が相まってシンプルなのに豪華な印象でした。ピアノをがんがん動かすところもいい。

 

あと、衣装とかウェーバー家のシーンとかもなんだけど、現代風のものの混ぜ方が好きです。フルコスチュームで当時を再現してるやつより好き!!どういう基準で現代風のものとクラシカルなものを使い分けているのかは難しいんだけど。ヴォルフは型にはまってないというのとかわかるんだけど、男爵夫人のドレスもモダンなんだよね。あの時代では珍しい人だったのかな。ヴォルフの衣装は白シャツ、白パンツ、白ブーツで普段は白ジャンパーなんだけどコンサートのときは白ジャケットになっていて面白い。海外のミュージカル持ってくるときにこの現代風のものを取り入れるのなんか日本苦手ですよね。某プロのロミジュリとか笑 

 

そしてね!ここがこの記事の山場なんですけど、コロレド大司教役のマーク・シーベルトさんです!!!ザイベルトさんと読んでいる記事があった。シーベルトは英語読みなのかな。

私この界隈に来たのがつい数ヶ月前なもので、彼がミュージカル界のスターのだということも知らなかったのですが、一時期闇広の動画を見漁ってたときに(エリザ未見なのにね笑)ある動画が出てきて、何このトート!日本版とは対照的な雄々しさ!かっこいい!高音の出し方が好き!誰だこの人!ってなったのがマークさんとの出会いでした。ちなみにその動画ではルドルフを今回のヴォルフ役のウドくんがやってた

それから動画をさらに漁ったらゲッセマネとかロミジュリのティボとか出てきて大興奮してたらなんとコロレドをやっているとわかり、もともとみようと思っていたウィーン版に手を出すに至ったのです。

Gethsemane

Gethsemane

  • provided courtesy of iTunes

 ゲッセマネはウドくんも歌っててそれもまためっちゃいい。もう好きなミュージカル俳優のタイプは?って聞かれたらゲッセマネ歌える人って答えるかも。

 

マークさんのコロレドはもう歌声も立ち姿もライオンみたいです!満ち溢れる威厳と美の暴力です!!!ちょっと自分でもなんて表現したらいいのかわからなくて困っています。とにかくかっこいいんです。

先ほども書いた、ヴォルフが追い出されるシーンで女と戯れてたコロレドがセットの影からガウン姿で出てくるんですけど、もう、美が歩いています。というか前を閉じてください!!!!!ってなる。

2幕の、神よ、何故許されるの最後のところかな、音量落としてから最後の音ばーんって音量あげるんだけどもう最高。コロレド登場シーンはうまいとかっこいいが延々ループして大フィーバーだよ!!

JCSの映像ないのかな。なんかトレイラーみたいなやつは出てきたけどそれだけで既によすぎたからマジでみたい。

 

とりあえずこのエリザCDはトートやってるぽいのと

Elisabeth: Das Musical von Michael Kunze & Sylvester Levay

Elisabeth: Das Musical von Michael Kunze & Sylvester Levay

  • 発売日: 2012/11/09
  • メディア: CD
 

 これCDもあったけどDVDもあるのね!

 調べてる感じJSCないんだけど。そりゃないか、ないよな、権利的にないか

まこっちゃんかっこよすぎ😭ほんと生でみたかった星組『ロミオとジュリエット』B日程 5/2 配信

 

 

明日、3日にみにいく予定だったの😭 

フランス版をみたことがあってとても好きだからめっちゃ楽しみにしてた分とてつもなく悲しかった。けど今日の配信、ちょー楽しかったから感想書いとく。配信を用意してくださったことに感謝しかない🙏

配信みながら書いたメモを元に書くけど、宝塚の知識全然ない超ライト層の感想になりますのでご注意ください。この記事見るとわかる。

yadokarinko.hatenablog.jp

 

まず、私の今日のメモの1個目が「ベンヴォかわいい ブーツ」わろた。仏版みた時からこのミュージカルにおける推しがベンヴォくんでしてもう大注目してました。B日程では綺城ひか理さんでした!かわいい、幸せになってほしいベンヴォくんて感じ。後半ロミオに裏切り者!っていうところからみんなが怒りに燃える中もいち早くロミオの気持ちに寄り添ってくれる心の動きひしひしと伝わってきました!そしてメモった通り、ブーツの側面に上向きの矢印が付いていて大変かわいい。

ティボあかん。かっこよすぎるわ。イケ散らかしすぎてる。瀬央ゆりあさん役替わりベンヴォくんなんですか?こんなイケ散らかしてるのに?想像つかなすぎるんだが〜!そっちもみたいからA日程も配信みれるか調整する。「ティボルト〜♪って自分の名前歌っちゃうのかわいいよね」って書いてある笑 かわいい。

 

そしてまこっちゃん出てきた瞬間の感想が、「うわ、顔かわいい!まこっちゃん!」いやそのままかてという。でもその通りで出てきた瞬間のきらめきがものすごい。圧倒的光属性ロミオ。史上最強に可愛いロミオ。そしてさ〜メイクもめっちゃかわいかったんだけど!!!こういうのに気づけるのは配信のいいところだよね。劇場で、メイクががっつり見えるような神席だと緊張し過ぎてメイク見てる余裕ないし。モンタギューカラーでキラキラした青いメイクしててアップになるたびにかわいい〜☺️ってなっちゃた。表情筋の動かし方素敵ですよね、まこっちゃん。鼻と目元ぎゅって寄せる動かし方するのとても好き。かわいい。かっこいい。かわいい。そして歌もめちゃめちゃ上手いんじゃ。高音伸びるし声質綺麗なんだけど!なんなの?なんでもできすぎる。わたげのシーンめっかわ。しかもあれ1列目のお客さんお亡くなりになるやつな。

 

パリスさんちょっと素敵すぎやしないかい?極美慎さんていうのね。正直あのパリス来たら揺らぐわ。しかもなんかジャンプしてるのかわいいんだけど!

そしてひっとん!前回初めてみた時も思ったんだけど首から肩、胸にかけてあたりの動かし方がめっちゃかわいい。動きの全てが可憐。なのに「今行くわ」がちょっとドス効いてる感じとか好き。スカート持って3人でぴょんぴょんしてるとこのひっとんばりかわいい。

 

乳母役の有沙瞳さん、発音が自然なのに聞き取りやすいし、歌もうま過ぎて最高だった。MVPなのでは。正直、仏版みた時、乳母と神父パートだれるなとか思ったんだけど(めっちゃ歌上手いけどやっぱフランス語なのもあり)今回は英真なおきさんとお二人ともうま過ぎてどんどん引き込まれた。

 

そして、世界の王!!!!やっぱイントロかかった瞬間ぶち上がるよね!大好きな曲。この曲難しいと思うのだけど、まこっちゃんはもちろん上手いし安定感ものすごくて、ベンヴォくんとマーキューシオと3人で重なるところも声質の相性よくて素晴らしかった!そしてシャウトはちょっと宝塚仕立てに綺麗めになってるのね笑 いいと思う〜!この後の影の演出良いよね。

 

仮面舞踏会の入り、とてもかっこいい。死の取り仕切る舞踏会という感じが。これがトレンド入りしていた「愛ちゃんの死」オールホワイトのティボ。あかんてあかんてば。パリスをジュリエットに近づけないために奮闘してるのかわいいし、そのせいでちょっとパリスと踊る羽目になってるのが愛おしすぎますね。ジュリエットの衣装、なんか私が今までみた数少ない作品だとミニスカートって見覚えがなくて、ちょっとびっくりした。最後もひっとんミニだったよね!これは怒られるかもなんだけど、ロミオとジュリエット2人で首回してるところちょっと首の体操かと思った。ごめん。リフト中のまこっちゃんの顔がいいんじゃ〜!!!

「恋の翼に乗って」という言葉が似合ってしまうカップル。ロミジュリってちょっとみてるこっちが恥ずかしくなるような例えとか多いけどこの2人は全てがかわいすぎてそんな言葉たちもすんなり入ってくる。エメ〜って歌っても違和感のないカップル。そして1幕終わりの動き美し過ぎ。

 

休憩中なんか配信画面固まっちゃって焦った。

2幕開始アナウンスもいい声。2幕は大体話の展開にのめり込み過ぎてメモが少なくなる傾向にあるからなんか適当になるかも笑

ティボとマーキューシオの対決シーン。ティボの目がいっているのがよき。今回のマーキューシオは天華えまさんというのですね!わおーん可愛過ぎたし死に際がやっぱりよかったですね。舞踏会のところで書き忘れたけど死から仮面受け取るところ美しいですよね。この2人のカットの合間に入る愛ちゃんのカットかっこよすぎてびびり倒してた。手の動きあかん。そして止めに入るロミオの圧倒的光!「ああ友よ」のああの入りが最高ですね。たまらん。ティボの死の後の愛ちゃんの顔!

 

死の操り人形のように動くティボとマーキューシオの演出よい。とても素敵。

突然結婚式やるとか言われたパリスの「ええ!」が濁点ついてて好き。ここのシーンはひっとんの演技も好き。あんなにかわいいのに演技がぶりぶりしてないのがほんとに素敵。

そして銀橋のロミオと舞台上のジュリエットでハモらせるのが〜大変好きです〜。

ベンヴォくんソロ曲!かわいいよね、この曲。そして安定感やばい。からのオクターブ上げ!!!シャウトもうまくててんあげだったわ!

 

まこっちゃんロミオは圧倒的に光だからこそ絶望が映えますね〜笑ってる方が好きだけど。これから死ぬってときのひっとんの笑顔怖い。そして2人が死ぬときは美味しそうにしてたり、両家が手を取り合ってからは嫌そうな顔してたり愛ちゃん死もっとみたい。

 

フィナーレはやっぱり楽しい〜

瀬央さん銀の柄スーツになんか首元なに?付け襟に鎖ついてるみたいななにかを付けててイケ散らかしすぎだろ!ってなりましたね。あのほんとにかっこいい。

みんなでエメ!っていうのはちょっと面白かった🤏

ヅカオタの友達から事前に聞いていた、まこっちゃんの「ヴェローナ」ばきゅーんが見れてよかったよ。撃ち抜かれてしまったわ!!

そして知らん曲みたいなエメがはじまる。いやマフィアかなっていうね。ほんっとかっこいい。えいえんの、ん〜の伸ばしが、はい。

デュエダンかっこよすぎないか?鬼。バキバキに踊ってくれるじゃん最高。2人とも身軽だけどとめるとこばしっと決まるから見ててちょー楽しい。

愛ちゃん歌ったww(これも事前に聞いてた)。たしかにとても白くお顔を塗ってるから瀬央さんとの肌の色のコントラストがものすんごいわ。

階段降りてくる時ベンヴォとマーキュと3人で並んでんのかわいい☺️

最後世界の王(しかもちょっとアップテンポ)歌いながら移動すんのめっちゃ大変そうだなって思ったけどやっぱロミジュリ!って感じしてテンションあがるから好き!

 

 

2021年レミゼから学ぶチケット入手手段

正直レミゼ狂の友人に任せっきりになっていたので、ここにしっかりまとめておいて次回参考にしようと思います。

 

キャスト先行(ぴあ) 3/25〜4/8

出演者さんのFCサイトに登録しておくとぴあの申し込みサイトURLが送られてくる。会員になっている方の出演日以外も応募できるし当たる。

初日と平日夜、千穐楽当たった。2021に限ってかもしれないけれど勝率高め。5/6当たった。

同行者の変更ができない&リセールはチケット代の10%+手数料とかなり高めなので欲張って申し込みすぎないのが吉かも?

◉ぴあはキャスト後すぐリセール出てたからそれは誰でも拾える。ものすごい数出て数日ではけてた。

 

都民割 4/8〆切

正式には「都民半額観劇会」

4月のやつにレミゼ出てた。ハガキ出すのめんどいけど当たれば半額。

【当落は4/26日くらいから順次発送】

【追記】レミは外れたけど王家の紋章は4/30に振込表届いた。振込期限短いから注意

 

おけぴ観劇会 4/14〆切

有料会員(月550円)だとセンターorサブセン10列目以内の抽選をかけられる。

【当選】4/23日に当落通知来た

 

今年はここで私のレミゼチケット戦争は終わったけど、あとは東宝ナビザーブの抽選とナビザ、各種プレイガイドの一般があるのかな?

 

Vpassチケット 4/28〜先着

若干割引入ってた

 

あとは無事開幕してくれ🙏🙏🙏