コロナ禍でミュージカルに沼った大学生

10月にYouTubeでオペラ座25周年見てから一気に転がり落ちた

Sirマッキントッシュでも刺さらないことはある『オリバー!』10/9 S 感想

f:id:yadokarinko:20211010004915j:image

結構渋いこと書いてしまうと思うので、それでもという方だけ読んでいただくようお願いします。

f:id:yadokarinko:20211010004935j:image


まず、子役のみなさんめちゃくちゃキラキラしてました!特に臣くん!手持ちのフランケンDVDでリトルビクターをやっていて、なんだこの子!上手い!って思ってたので元々楽しみにしてたんです。やっぱり上手ですね〜そして存在感があってセンターで歌うとバシッと舞台がしまる感じがしました。多分変声期差し掛かりぽくて高音若干出にくそうだったんだけど、台詞歌っぽく調整していてそれがまた上手いしドジャーの役にも合っていて素敵でした〜。オリバー役の越永健太郎くんは澄み切った歌声で綺麗でした☺️ 子役のみなさんほんとによかった。そういえば、臣くんドジャーの帽子がオケピに転がり落ちたのびびったけど動じずに演技続けててさすがでした。


ドジャーやキッズたちのナンバーはとても楽しいですね。セットは全体的に好きかも。オリバーが走って逃げるシーンとかで後ろの街の背景がどんどん動くところとかよかった。あとギャング団の寝床もかわいい。


ここから渋めの感想いきます。


作品自体にあまりいい印象が抱けませんでした。あの物語から何を受け取ればいいのかわからない。DV男を愛しているが故に離れなれない女が勇気を出したら殺されてしまう物語?スリをして生きる術しか知らないオリバー以外の少年たちはあのあとどうなるの?ドジャーは?別に全ての物語が幸せなことばかり起こらなくちゃいけないなんてことはないけれど、なんで言えばいいんだろう、惨たらしい世界を描くだけ描いてほっぽりだされた感じ。伝えたいことはなんなんだろうか。そこが全く見えてこなかった。ただ、この世はそんなもんさってことを伝えたいのだろうか。


歴史のある作品のようだし、2011年にUKツアーがあったり、2016年にもワシントンで公演があったりしたようだけど、今この時代にこの演目を上演する意味を私は見出せなかった。


それぞれの役を見てみても美味しい役がほぼないなという印象。これは私がソニン好きで楽しみにしてたからナンシーの役どころに不満たらたらなのもあると思うんですけど。フェイギンはソロもしっかりあるし老後とか生き方への不安が感じ取れて役の背景を感じられたからよかったかな。他の役は内面が掘り下げられるような箇所がない分ひととなりがよくわからないまま終わった印象がある。


刺さらなかった作品ほど、どうして刺さらなかったのか、どの部分がどうだったら好きだったかとかずるずる考えるんだけど、この作品に関しては題材そのものから肌に合わないのかもしれない。